Home > 検査について

胃カメラ

食道・胃・十二指腸を検査できます。病気としては逆流性食道炎、胃潰瘍、胃癌などの疾患を発見できます。特に胃がんは、早期発見することが重要です。現在も検診としてはバリウム検査が行われておりますが、バリウムでは早期癌がうつらない場合もあり、胃癌の早期発見には定期的な胃カメラが必要と言われています。

当院では鼻からの5mm以下の細いカメラ(極細径経鼻内視鏡)を用いて胃カメラを行います。鼻から胃カメラを行う事で楽に検査が出来ます。また鼻からカメラを入れる事に抵抗がある場合、鼻の穴が狭い場合などには口から極細径内視鏡を入れて検査します。その場合には普通のマウスピースで行う事も出来ますが、当院はTOP エンドリーダーマウスピースという特殊なマウスピースを用いる事で口からの内視鏡を可能な限り楽に行えるようにしております。

また希望があれば鎮静薬を使用しての内視鏡も可能です。しかし、その場合には薬が効いているため、眠気に襲われる事もあるため当日は車の運転をしないようにお願い致します。

カメラ本体 カメラ経鼻

大腸カメラ(要予約)

現在準備中です、準備完了次第、大腸カメラ検査を開始いたします。
お手数ですが現在の状況は電話連絡にてご確認下さい。

超音波検査(要予約)

当院では最新の超音波機器を用いて検査を行っております。
肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・膀胱などの臓器を詳細に観察する事が出来ます。
健診目的・腹痛検査目的・採血から異常値を認めた場合などに腹部エコーを行い検査致します。

また往診用の最新式ポータブル超音波も用意しており、簡単な検査であれば往診先でも可能です。

ポータブルエコー

骨密度測定器

アンチエイジング ドックには必須の検査です。骨密度を確認する事で骨粗鬆症骨の状態などが確認出来ます。高齢者は転倒して骨折する事が多く、高齢者の健診検査などで実施しております。

骨密度

呼気NO検査

機械に息を吹き付けるだけの簡単な検査です。
治りにくい咳の場合には咳喘息やアトピー咳嗽などの、感染症によるものではない咳が隠れている事があります。
この検査を行うと通常の感染による咳嗽なのか、咳喘息やアトピー咳嗽などの咳嗽なのかの判断がしやすくなります。

nobreath2[1]

一般検査

採血検査・尿検査
レントゲン検査
心電図

以上の一般検査は常時行っていますのでご相談下さい。

血液検査

Home > 検査について

Return to page top